Wi-Fiとは無線で通信する技術の1つ

家庭向けインターネットサービスを利用するときは光回線やADSLを、スマートフォンなどの携帯端末からSNSをチェックするときはLTE通信など。それぞれ通信方法が異なるのに「Wi-Fiサービス」って両方でよく耳にしますよね。

じつはWi-Fiとは「一定の範囲内で無線通信ができる技術」のことです。光回線などの通信手段と同時に語られることが多いため「Wi-Fi」という回線があるのかと思われがちですが、光回線でも、ADSLでも、LTE通信でも機器を設置して設定さえすればWi-Fiを使うことができます。

Wi-Fiの人気の理由

WI-Fiの魅力は何といってもケーブルを接続せずに無線で通信ができ、通信容量の制限がないことです。ケーブルの本数や長さを気にすることなく使いたい時にすぐに使えますし、映像や音楽などのデータ容量の多い通信を気軽に楽しむことが出来ます。最近はパソコンやスマートフォンだけでなくプリンターやTV、オーディオなどWi-Fi対応の家電製品が発売されています。Wi-Fiを設定すると生活がぐっと便利になりそうですね。

Wi-Fiはインターネットサービス開通後に設定

住居でもオフィスや店舗などの施設でもWi-Fiの設定をして無線でインターネットサービスを利用するにはまず、大元になるインターネットサービスを契約しなくてはいけません。対応エリアであれば光回線が通信速度も早く使い勝手が良さそうですが、コストの安いADSLも根強い人気を誇っています。

インターネットサービスを契約したら、接続用に機器が通信会社より設置されますので(光回線の場合はONUと呼ばれます)、Wi-Fi機能を備えた「Wi-Fiルーター」という機器を接続・設定すればWi-Fi環境の出来上がりです。Wi-Fiルーターは家電量販店や通信販売販売でも取り扱いがあるので手軽に購入できます。
機械操作に苦手意識のある人は、事前にインターネット契約会社に相談してみましょう。開通工事をするときにWi-Fiの設定をしてくれるサービスがある会社も。その他にもWi-Fiのルーターをレンタルしていたり、プレゼントキャンペーンを開催していたりと各社から色々なサービスが提供されていますから調べてみるのもいいですね。

Wi-Fiはエリア内で楽しむ

Wi-Fiは無線で通信できる範囲内で利用するものなので、通信範囲が限られます。また、Wi-Fiを利用できるのは原則スマートフォンなど利用する側の機器にWi-Fiを使うための設定(ログインとパスワード)が出来ているものに限られます。街中で見かけるフリーWi-Fiは設定不要で利用できます。